沿革
  • 昭和23年11月
    消防用機械器具等の検定業務(任意制)開始
    (消防庁消防研究所において行っておりました。)
  • 昭和38年10月
    特殊法人 日本消防検定協会が設立
  • 昭和39年 1月
    消防用機械器具等の検定業務(義務制)開始
  • 昭和44年
    消防用機器の性能追跡調査開始
  • 昭和53年
    検定品の事故調査開始
  • 昭和54年11月
    国際標準化機構(ISO)の消防用機器に関する専門委員会(TC21)に参画
  • 昭和55年11月
    検定品の問題点調査開始・広報誌「検定協会だより」発刊
  • 昭和60年
    外国検査データの受け入れ等の業務開始
  • 昭和62年 1月
    民間法人化
  • 昭和63年11月
    特定消防機器等性能鑑定開始
  • 平成 2年 4月
    日本消防検定協会組織の改正
  • 平成 3年
    消防用機器の使用実態調査開始
  • 平成 9年 1月
    虎ノ門事務所開設(放水型スプリンクラー設備の評価業務開始)
  • 平成13年 6月
    認定業務開始
  • 平成14年 7月
    ISO/IEC 17025 試験所認定取得
  • 平成16年 6月
    特殊消防用設備等性能評価業務の開始
  • 平成21年 4月
    日本消防検定協会組織の改正
  • 平成22年 4月
    日本消防検定協会組織の改正
  • 平成23年 4月
    日本消防検定協会組織の改正
  • 平成25年 4月
    鑑定業務廃止及び受託評価業務開始
現在に至る
トップページへ